亀有 産後の腰痛でお悩みの方《金町/お花茶屋/立石》

「亀有 産後の腰痛でお悩みの方」

 

産後に腰痛が続くと毎日の家事、育児がつらいことでしょう。腰痛が続いて寝返りできなかったり、赤ちゃんを抱っこできなかったり、腰痛があると授乳で抱っこしたり座ったりするだけで痛む人が多く見られます。

 

育児をしながらの腰痛はとても大変です。

 

産後の体調が回復していない時期に加えて、子連れで整骨院、整体、病院に通うだけでもかなりストレスになるのではないかと思います。

 

産後に続く腰痛は、骨盤のゆがみによる原因が多いと考えられます。特に、産後すぐの腰痛を放っておくと骨盤のゆがみが矯正されずに、慢性腰痛が続いてしまう原因にもなります。

 

産後は自然と骨盤が閉じていきますが妊娠前や出産前の運動量が少ないと骨盤が元の状態に戻りにくくなります。骨盤が開き気味の人は産後の骨盤が緩みやすくなり、急に痛くなる腰痛が起こりやすくなります。


また、子育てや新しい環境といったというストレスにより、血流が悪くなり腰痛が悪化します。


そういう中で整体、カイロプラクティックは、背骨のゆがみを取り除き、体のバランスを整える最適な施術方法です。


日々忙しく働くビジネスマンやOLさんはもちろん、家事や子育てで身心ともにストレスや疲れのたまっている方は多いかと思います。

 

そういう体に痛みを抱える人なら誰でも、施術を受ける価値はあると言えるでしょう。

 

特に、出産を終えた女性にとっては、打って付けのからだ回復ケアであるのです。

 

産後の女性は赤ちゃんの世話や出産で疲れ切った自分の体の回復で、非常に疲れてしまっているものです。

 

特に、体を支えるため欠かせない骨盤の中で赤ちゃんを育てていたため、腰への負担は妊娠時からとても大きいと言われています。

 

多くのお母さんが感じている産後の腰痛は、主に出産のために広がっていた骨盤が正しい位置に戻っていないために起こってしまっていることが多いのです。

 

骨盤が正しい位置になく、広がってしまっていることは、体にとって大きな負担となってしまいます。

 

広がり歪んでしまった骨盤をそのまま放置してしまうと、産後6ヶ月以降になると、緩んでいた骨盤の関節も固まってきてしまうので、歪みを改善させることが難しくなってしまいます。


産後すぐの腰痛や恥骨の痛みが続くようであれば、早めの対策が必要です。


産後の骨盤矯正は、2ヶ月~6ヶ月までに行うのがおすすめです。産後6ヶ月経つと骨盤が閉じた状態になり、一度閉じてしまうと矯正するのが大変になるため、それまでに骨盤ケアをすることをオススメします。


葛飾区亀有にある亀有ひまわり整骨院は、院長が一人で行っている整骨院です。

 

女性の患者さんも多く、産後の腰痛で苦しんでいる方にも、症状が改善されていると喜ばれています。

 

整骨院は、完全予約制となっていますので、待たずにお子様連れでも安心して来院出来きるため、子育てで時間がとれないお母さんにとっては、便利な整骨院であるのです。

 

葛飾区亀有で産後の腰痛なら、亀有ひまわり整骨院にお任せ下さい。

 

 

24616d265ad4817ba10a8b3b613ee915_s.jpg

 

<ご質問お問い合わせは下記より>


◆ホームページ◆ 
https://www.himawari-seikotsuin.com/

 

◆院長大須賀に相談してみる 
http://www.firstchecker.jp/dx/form/1201/

 

メルマガでもっと濃い内容をお届けしています。無料メルマガ興味のある方は下記から。

メルマガは、ひまわり通信「幸せは、まず健康から」という件名で届きます。
http://ws.formzu.net/fgen/S78617244/

 

無料レポート
▶「日常簡単に出来る肩こり予防体操ストレッチ」
興味のある方は下記から
https://peraichi.com/landing_pages/view/himawari-katakori

 

▶「日常簡単に出来る腰痛予防体操ストレッチ」
興味のある方は下記から
https://peraichi.com/landing_pages/view/himawari-youtuu