顎関節症

顎関節症に悩まされている方、下記のようなことで思い当たる点はありませんか?

 口を開け閉めする時、顎関節にカックン、ギシギシと雑音がある
 口が開けにくい、物を噛むと顎が痛い
 口を大きく開けると顎の周囲が痛い
 口を開ける時の動きがスムーズにいかない
 顎を横に動かすとカクカク音がする
 朝起きると口が開かなくなったりする
 口を開ける時にあごが引っ掛かる
 顎が歪んでしまっている
 寝違えたような痛み、首や肩がこりやすく、頭痛がある
 顎関節症の治療で健康な歯を削られ、物が噛めない
 マウスピースを作ってはめていたが、きちんと続けるのが困難
 耳下顎に痛みがあり、縦に指2本しか口を開けることが出来ない
 片方の顎で噛む癖があり、噛み合わせがずれている
 顎がコリッコリッと鳴って顎が外れるような音がする
 あくびをするとき少し顎が痛い
 口を大きく開けると、顎がガクッ、カクンと、音がする
 口が開かない。口を大きく開けることができなくなった
 口を大きくあけると、あごの骨が外側に出っ張った感じになる
 顎の下が腫れて触ると硬く、顎を動かすと痛い
 マウスピースを就寝時につけも、効果的な治療と思えない

そういう中で根本的な改善策がないまま、様々な治療を試したものの、一向に改善されない場合、顎関節・背骨・骨盤のズレやゆがみが原因である可能性が高いと思われます。

このような場合は、マッサージなどで筋肉をほぐしたり、単なる整体を行うのが一般的な治療ですが、これは対処療法に過ぎません。なぜなら骨盤がズレているまま筋肉をほぐしても骨盤自体を矯正しないとゆがみが改善しないからです。


顎関節、背骨のズレ、骨盤のゆがみを放っておくと、このようなことになってしまう可能性が高くなります。


椎間板の水分が徐々に失われ、厚みが少なくなり関節が不安定になるために変形が起きます。そして体に急激な力が加わると軟骨が変形し、痛みやしびれを引き起こします。だから治りが遅くなって手遅れになってしまいます。


顎関節のゆがみでお悩みの方、一日でも早く改善されたい方
は、背骨のズレ・ゆがみ矯正専門の当院にお越しください。


当院は、カイロプラクティックで背骨のズレや体の歪みを矯正し、あなたの顎関節症の悩みの根本的な解決に当たります。

※カイロプラクティック治療とは背骨のズレによる神経圧迫を矯正により取り除き、先天性治癒力を100%にすることにより病気を自らの力で治していくことです。

葛飾区 亀有 顎関節症

 

当院の顎関節症治療はここが違う

・まずカイロプラクティック治療による矯正によって背骨・骨盤のズレ、ゆがみの状態を正常な位置に整えることからはじめます

・顎関節・背骨・骨盤のズレ、ゆがみを矯正し治すことで、神経の圧迫する場所をなくし、痛みの出にくい身体を作っていきます

・施術は、カイロプラクティック治療でソフトな矯正から高度な矯正のガンステッド・テクニックであらゆる症状に対応致します

※ガンステッド・テクニックの施術
背骨のレントゲン写真を撮り、独自の線引きを使って関節の角度、椎骨後方へのズレなどを特定します。
ナーブスコープといわれる検査器具を使って、神経圧迫の可能性のある部位を探し、触診や関節の動的な可動域テストを行ってからレントゲンで確認をして最終的な原因部分を特定します。部位によって効果的な矯正のための各種テーブルがあり、特定した原因部分(サブラクセーション)をピンポイントでアジャスト(矯正)します。

背骨の椎骨が神経を圧迫していると、マッサージ、ハリ、ブロック注射は、対処療法で神経の圧迫が取れません。そういう中でカイロプラクティックは、原因とされる椎骨を手技による矯正によって正常な位置に戻すことで神経の圧迫が解放され、痛みやしびれを取り除く根本的治療になります。

つまりカイロプラクティックを受けることにより、あなたの背骨が安定し、日常生活の動きや負担に耐えられるようになり、痛みやしびれが改善され、再発しづらい体になります。 

顎関節症が改善された患者さんの喜びの声

顎関節症、頭痛、肩こり、首の痛み
「ずっと悩んでいましたが、短時間でなおってしまい良かったです。」 
                    (原田 まどか様 40代、女性)

痛みが取れて、うれしいです。
ずっと悩んでいましたが、短時間でなおってしまい良かったです。
ありがとうございました。

当院にどのような改善を期待してどのような目的で来院されましたか?
●痛みを取りたい

院長 大須賀からのアドバイス

原田様の場合、顎関節症の原因は日常生活の負担、ストレスからくる顎関節のズレによる神経圧迫の痛みでした。この痛みを改善するには施術として顎関節の矯正を行いました。同時に頭痛や肩こり、首の痛みの原因である頸椎、胸椎、骨盤の矯正も行いました。1回目の矯正にてかなり関節の可動性(関節が動く)が見られたので翌日には痛みが大分緩和されました。また初期に集中して治療を行わないと症状がしっかり取りきれないので、治療間隔、生活習慣の改善、姿勢の指導を行いました。2日後2回目の矯正、2週間後に1回、約3週間程で改善に向かいました。

下記画像をクリックすると拡大してご覧頂けます。

voice23s-.jpg

 

顎関節症、頭痛、肩こり、腰痛
本当にここに来て良かったです!!」
        (知花 由紀枝様 30代、女性)

産後うつ症とさらに顎関節症になり食事も取れず入院にまで至っている状況でした。
大学病院に行っても長期間かかると言われていましたが、ひまわり整骨院に来て2回の施術でかなり状態が良くなりうつ病まで軽くなりました。
本当にここに来て良かったです!!

当院にどのような改善を期待してどのような目的で来院されましたか?
●一度の通院で痛みをなくしたい
●治療で少しでも痛みを軽減して生活を楽にしたい

院長 大須賀からのアドバイス

知花様の場合、顎関節症の原因は日常生活の負担、ストレスからくる顎関節、頸椎のズレによる神経圧迫の痛みでした。この痛みを改善するには施術として顎関節、頸椎の矯正を行いました。同時に頭痛や肩こり、腰痛の原因である頸椎、腰椎の矯正も行いました。1回目の矯正にてかなり関節の可動性(関節が動く)が見られたので翌日には痛みが大分緩和されました。また初期に集中して治療を行わないと症状がしっかり取りきれないので、治療間隔、生活習慣の改善、姿勢の指導を行いました。これで2回の治療、約3日程で改善に向かいました。

下記画像をクリックすると拡大してご覧頂けます。

voice42s-.jpg

 

顎関節症・肩こり・腰痛
「思いきって診察して頂くと、うその様にあごが動く様になりました。」
                       (佐々木 理恵様 30代、女性)

高校生の頃には、がく関節症になっていました。歯科では、日常生活に大きな問題はないので、とたまに痛み止めを処方されていました。私も、そういうものなのだと思っていましたが、こちらのHPをみて、歯科以外からのアプローチもある事を知りました。ちょうどあごの痛みが何日も続いていた時期だったので思いきって診察して頂くと、うその様にあごが動く様になりました。それから約半年、序々に受診間隔を長くしながらお世話になり、今は痛みもないし、上下の前歯の位置がそろっています。

私は顔の左右非対称を気にしていましたが、(もちろん、今でも対称ではありませんけれども)ずいぶん整ってきました。血液やリンパがきちんと流れる様になったのかなと思います。ありがとうございました。

当院にどのような改善を期待してどのような目的で来院されましたか?
●顎関節症を治したい
●全身の骨格を見てもらいたい

院長 大須賀からのアドバイス

佐々木様の場合、顎関節症の原因は日常生活の負担、ストレスからくる顎関節、頸椎のズレによる神経圧迫の痛みでした。この痛みを改善するには施術として顎関節、頸椎の矯正を行いました。同時に肩こり、腰痛の原因である頸椎、腰椎の矯正も行いました。1回目の矯正にてかなり関節の可動性(関節が動く)が見られたので翌日には痛みが大分緩和されました。また初期に集中して治療を行わないと症状がしっかり取りきれないので、治療間隔、生活習慣の改善、姿勢の指導を行いました。これで初めの2週間は週2回、翌週からは週1回、1ヶ月後からは2週間に1回、2ヶ月後からは3週間に1回、約6ヶ月程で改善に向かいました。

下記画像をクリックすると拡大してご覧頂けます。

voice10s-.jpg

顎関節症の患者さんの喜びの声

●顎関節症の患者さんの喜びの声
顎関節症①32歳、女性、東京都葛飾区亀有在住
顎関節症②40歳、女性、東京都葛飾区在住
顎関節症③30歳、女性、東京都葛飾区在住
顎関節症④40代、女性、東京都葛飾区在住
顎関節症⑤40歳、女性、東京都葛飾区亀有在住
顎関節症⑥42歳、男性、東京都葛飾区在住
顎関節症⑦43歳、女性、千葉県松戸市在住
顎関節症⑧28歳、女性、東京都葛飾区金町在住
顎関節症⑨23歳、女性、東京都葛飾区亀有在住
顎関節症⑩25歳、女性、東京都足立区在住
 

 

顎関節症につぃてQ&A

顎関節症を改善するためには

Q:顎関節症の治療はどういう事をしますか?
A:顎関節に関連する筋肉、顎関節のズレ、背骨全体を見て治療します。

Q:顎関節症を治療しないで放っておくと、どうなりますか?
A:顎関節に関連する筋肉が硬くなり、顎関節の回復が遅くなります。

日常生活で気を付けることについて

Q:食事で気をつけることはありますか?
A:片噛みをしない。硬い食べ物を控えることです。

Q:顎関節症の対策で気をつけることはありますか?
A:口を大きく空けすぎない。頬杖を付かない。良い姿勢を保つ。仰向けで寝ることです。

 

顎関節症の症状になったら、下記へお電話にてご予約下さい。
相談するタイミングが早ければ、顎関節症を一日も早く改善し健康な体を取り戻すことができます。