亀有 整骨院 クリック

     亀有 整骨院 無料相談


当院案内

   待ち時間なし
      完全予約制

   仕事帰りでも可能
     夜8:30迄受付


専門治療

    当院は下記メニュー
    にて根本治療
   都内及び葛飾区 亀有
   トップレベルの
技術
         で対応致します

症状別メニュー

 当院はこのような症状で
 根本治療専門に行い
 好評をいただいています
 

 

      
   上のボタンをクリックして、
   このページをお気に入りに
   追加してください。(IE専用)

携帯ホームページ

亀有ひまわり整骨院・携帯HP
携帯からメール・電話をされる方もQRコードを撮影してください。

 

亀有ひまわり整骨院
院長:大須賀 昭
院長大須賀.jpg

健康に関する心配事は遠慮なくご相談下さい。ベストを尽くして対応します。


・柔道整復師
・Chiropractor

2002年:
東京都葛飾区亀有に
亀有ひまわり整骨院開院

 

亀有ひまわり整骨院YouTubeチャンネル

亀有 整骨院 Ameba Blog

亀有 整骨院 交通事故治療専門

亀有 整体 カイロナビ

 亀有 整骨院 gooブログ

 亀有ひまわり整骨院総合サイト

 亀有 整体 カイロプラクティック サイト

亀有 交通事故専門

 亀有 交通事故 後遺症 サイト

亀有ひまわり整骨院 生理痛 サイト

 

亀有 整骨院 サイト

足立区 あい整骨院 サイト

 

当亀有ひまわり整骨院には、葛飾区(亀有、金町、柴又、高砂 他)、足立区、江戸川区、荒川区、墨田区、その他東京23区、松戸市、柏市、三郷市、八潮市、その他千葉県、埼玉県、全国から来院されております。

こんな症状の方が来院

■亀有 交通事故後遺症
■亀有 むちうち(むち打ち・ムチ打ち・ムチウチ・鞭打ち)
■亀有 頭痛
■亀有 耳鳴り
■亀有 めまい
■亀有 突発性難聴
■亀有 眼精疲労
■亀有 首・肩のこり
■亀有 背部痛
■亀有 腰痛
■亀有 坐骨神経痛
■亀有 神経痛
■亀有 手足のしびれ
■亀有 顎関節症
■亀有 不妊症
■亀有 生理痛
■亀有 手足の冷え症
■亀有 手足のむくみ
■亀有 慢性疲労
■亀有 スポーツ前後の筋肉ケア
(筋肉痛など)
■亀有で環境や季節の変化
■亀有 ストレスなどによる不定愁訴でお悩みの方
■亀有 産前産後の骨盤矯正
■亀有 自律神経失調症
■亀有 甲状腺機能
■亀有 副腎機能
■亀有 歯ぎしり
■亀有 噛み締め癖
■亀有 頸椎ヘルニア
■亀有 椎間板ヘルニア
■亀有 寝違え
■亀有 ぎっくり腰
■亀有 脊柱管狭窄症
■亀有 頸椎症
■亀有 頸椎ヘルニア

 

 

 

葛飾区亀有 腰痛 肩こり予防《亀有/高砂/柴又/金町》

予防:腰痛①

体幹(胴体部分)で時に腹筋、背筋を鍛えることが重要です。体幹がしっかり安定すると腰痛、ひざ痛の防止、歩行時の姿勢強化、ダイエット・正しい姿勢の維持が期待できる。その他内臓機能(特に腸の働きを良くし)便秘によい。

予防:夏バテ①「冷え対策」

体がだるい、食欲がない。厳しい暑さが続き、夏バテの対処方は?                                                   夏バテの原因の1つは、室内の冷やしすぎ。暑い屋外と冷房の利いた部屋では体温を調整する自律神経がうまく働くなり、だるさや頭痛などを引き起こす。2つめは、冷たい飲み物の取りすぎや、あっさりした物ばかり口にしている食生活で内臓が冷えたり、胃液が薄まったりすることで、食欲不振や栄養不足につながる。夏バテ予防には、体を冷やしすぎないようにして、栄養バランスを考えた食事を取ることが大切です。                                                                      「冷え対策」は、外と室内の温度差は、なるべく5度以内にすると自律神経も対応しやすい。冷房は26度以上に設定して、扇風機を併用して、空気の流れを作ると涼しく感じる。冷房の中で長時間過ごさなければいけない時は、スカーフやカーディガン、膝掛けなどを使って肌の露出を避けること。体温調整機能が低下する就寝時は、寝る前に部屋を冷やして冷房を切っておくか、眠ってから30分~1時間に冷房が切れるようにタイマーを設定するとよい。十分に睡眠を取って、体調を整える事が大切です。

予防:夏バテ②「栄養」

夏バテの疲労回復や体力維持には、ビタミンB1が良い。食材では、ビタミンB1を多く含む豚肉が効果的です。ビタミンB1には、ご飯などの糖質を体内でエネルギーに変える働きがある。吸収をよくするにはニンニク、ネギ類と一緒に取られると良い。また、オクラや納豆、もずく、やまいもは胃腸のもたれや疲れによく胃腸の粘膜を保護する。栄養面と食べやすからはビタミンCやミネラル豊富な夏野菜などを一緒に取ることで汗をかくことで失われる水分とミネラルを補える。常に自分の体の状態に合わせて、食べる工夫をすることが大事。しっかり食べて日々の体調を管理しましょう。

予防:こむら返り①「ツボ押し」

こむら返りの「こむら」とは、ふくらはぎを指す古い言葉。ふくらはぎの大部分を占める筋肉は腓腹筋と呼ばれる。運動の最中や就寝時に急にけいれんして激しく痛む。原因は、準備運動不足や、爪先立ちなど足に負担がかかる無理な姿勢、体内のミネラル不足などが挙げられる。その他高齢者や妊婦、糖尿病の患者になりやすい。予防、改善につながる方法は“ツボ押し”でひざ関節の外側に出っ張った骨(腓骨小頭)があり、その数㌢下に小さいくぼみがあり陽陵泉と呼ばれるツボがある。運動前や寝る前に、このツボを指で押すとこむら返りの予防や症状緩和に役立つ。力加減は、少し痛いなと感じるくらいがちょうどよい。強く押しすぎないように行いましょう。

予防:こむら返り②「ストレッチ」

“ツボ押し”の他には、“ストレッチ”で腓腹筋を伸ばす運動がよい。例えば就寝中のこむら返りは寝る前に、軽く腓腹筋を伸ばす運動をすると起こりにくくなる。足全体をまっすぐに伸ばした形から、爪先を上に向けると、腓腹筋が引っ張られる。立った状態、座ってもどちらで行っても良い。30秒くらい少し痛いなと感じるくらいがちょうどよい。慣れてくると心地よい気持ちよさになってくる。また、足が冷えると症状が出やすくなるので寝る前に風呂でふくらはぎを温めるのも効果的です。

予防:夏の冷え対策①「運動、ストレッチ」

冷房や冷たい食事など体を冷やすことが多い夏。適度な運動などで体作りをすることも冷え対策になる。                 「筋肉が落ちると体は冷えやすくなる」そのため日常生活の中で、通勤時は階段を使ったり、歩いたりして下半身の筋肉を維持することが必要です。朝夕の涼しい時間に30分程度ウォーキングが良い。冷えやすい足や肩などをストレッチで動かす事も有効。足の指を動かすと、ふくらはぎ、ももの筋肉を使うため、下半身の血液循環がよくなる。肩はストレッチで僧帽筋を動かせば、血液を促進して肩や手先の冷えを予防できる。毎日習慣づけて行いましょう。

予防:夏の冷え対策②「食事のバランス」

食材には体が冷えやすい物があるので、食事のバランスに気をつけることが大事。寝る前は、コーヒー、緑茶は熱くても避けて紅茶、ココアなど体を温める作用がある飲み物を取ること。冷たい物を飲む時はネギ、ショウガなど体を温める作用がある物や温野菜などをできるだけ一緒に食べること。夕食は、レタスやきゅうりなど体を冷やす野菜などは控える。夏の体調管理を十分しないと季節の変わり目に体調を崩す人が多い。「冷えは年々悪化するので、日々の対策の積み重ねが大切です。                    

カイロプラクティック , 亀有 , 予防 , 整骨院 , 柴又 , 肩こり , 腰痛 , 葛飾区 , 金町 , 高砂

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加Check